怒江リス族自治州の観光スポット紹介

怒江リス族自治州は雲南省最後の秘境と呼ばれる地域です。しかし、その区内には 訪れる人のほとんどいない遠くに5000m級の山々が眺めるヌー族、チベット族などが暮らす村である丙中洛、怒江大渓谷、 本木雅弘主演の【中国の鳥人】もこの地域で撮影された老母登村など多くの観光スポットがあります。 自治区内にはリス族、ぺー族、ヌー族、プミ族、イ族、ナシ族、タイ族、トゥールン族、チベット族など 多くのの民族が暮らしています。 自治区内のミャンマーとの国境線は400Kmにも及びます。

丙中洛

 雲南省最後の秘境と言われる怒江リス族自治州の最北部に位置する町で、隣国ミャンマーやチベット自治区との境界もすぐ近くです。ヌー族、チベット族、トールン族などが暮らす丙中洛の町の海抜は約2000メートルほどですが、  四方をコウランラカ山や碧羅雪山等の5000メートル級の山々に囲まれ非常に綺麗な景色です。

怒江大峡谷

碧羅雪山と高黎貢山の間に出来た大渓谷で自治区内にあるその他の渓谷より規模は大きいです。 平均の高低差は2000mもあり、最大部では3500mにも達します。

怒江第一湾

チベット高原を発した怒江が丙中洛付近で大きくカーブする絶景です。

独竜江大峡谷

担当力峠山と高黎貢山の間に出来た大渓谷です。 平均の高低差は1000m、長さは90kmになります。両岸は原始林に覆われ、自然保護区となっています。

石月亮

 福貢県の利砂底郷隣の高黎貢山の3300mの頂上に大理石が侵食され出来た幅約40m、高さ約60m、奥深さ約100mの巨大な洞窟です。 大自然が見せてくれる奇抜な風景です。

老母登村

本木雅弘主演映画【中国の鳥人】のロケ地となった村です。また、 ミャンマーから来た宣教師によって伝えられたキリスト教の教会があります。

飛来石

 1974年の夜に近くの山から飛んできた大きな石です。

ワラヤ鍾乳洞

ワラヤとはコウモリという意味ので1958年に発見され、1990年に一般に開放されました。

サブコンテンツ
サブコンテンツ2

雲南/四川/貴州/重慶旅行はSWCTS by 西安中信国際旅行社 MENU

Copyright (C) 2009 SWCTS by 西安中信国際旅行社. All Rights Reserved.

西安中信国際旅行社有限責任公司

中国国家旅遊局授権国際旅行業務資格:L-SNX-GJ00029
住所:〒710061 中国陝西省西安市碑林区南関正街中貿広場5号2単元16階
TEL:(86‐29)8788‐1980
FAX:(86‐29)8788‐1980